ローンの返済ができない方へ

Short Sale

  • TOP > 
  • ローンの返済ができない方へ

大分県別府市で不動産売却・海外投資家向け物件・ホームステージングを取り扱っている「別府ホーム」です。このページでは、ローンの返済が難しい方向けの「任意売却」に関する情報をご案内しております。より具体的にご理解頂ける、ご相談の事例も合わせてご覧ください。

住宅ローンに関してお困りの方へー「こんなお悩みはありませんか?」

空き家を持っている方へ

  • リストラやボーナスカットで返済が厳しくなってきた
  • 離婚をして収入が減り、ローンの返済が難しくなってきた
  • ローンを滞納してしまい、催促状が届いた
  • 裁判所から競売開始の通知が届いた
  • 不動産が差し押さえされてしまった
  • 事故物件を購入したが、返済ができなくなった
  • 競売だけは避けて売却したい

不測の事態で住宅ローンの支払いが難しい状況になり、実際に不動産を手放さなければならないケースに発展することは珍しくありません。
このような自体になる前に、「任意売却」という売却方法のご検討を提案しております。

任意売却で「今後の費用」を確保

任意売却で「今後の費用」を確保

住宅ローンは、購入した不動産を担保にして金融機関からお金を借りるしくみです。お金が返済されない場合、債務者となる金融機関にはその不動産を差し押さえる権利として「抵当権」が付いています。そのため、住宅ローンの返済の遅延や未返済が続けば、不動産を競売にかけてお金を回収しようとするのです。
競売に掛けられてしまうと市場価格よりも3~5割ほど安い価格で取引され、最終的には強制的に立ち退きが言い渡されます。
一方、任意売却であれば不動産売却と変わらない、相場に近い価格での売却が可能です。そのため、競売に掛けられる前に、債務者と債権者の合意にもとづいた任意売却をし、債務整理を行うことをご提案します。
任意売却を行うことによって、債権者との交渉次第では、引越し費用や生活費など不動産の売却後に必要となる今後の費用の見通しを立てることも可能です。

「任意売却」は売却可能な期間がある

競売がスタートすると任意売却が不可能となり、最終的に家を手放して立ち退きが必要となります。この最悪な事態を招く前に避けるため「任意売却」という手段をとることができますが、実は、任意売却には期間があるのです。
具体的なリミットについて、下記の表をご参照ください。

滞納期間 状況
ローン滞納前 住宅ローンの返済で家計が苦しい
▶月々の返済はなんとか続けている状態
3ヶ月まで 金融機関から催促が届く
▶度重なる滞納で催促状や催告状が届いている状態。
4ヶ月まで 競売の開催通知が届く
▶催促状や催告状を無視し続けると、金融機関は「支払いの意思がない」とみなし、競売の手続きを開始します(4~5ヶ月後には競売スタート)
5ヶ月以上 裁判所の執行官による調査
▶土地と建物が競売に掛ける直前に、裁判所の執行官が家や土地の調査で訪問します。
―任意売却が不可能になるライン―
競売のスタート

主なご相談事例

CASE1 収入が減少し、ローンの返済ができなくなってしまった
相談内容 ボーナスカットにより収入が減ってしまい、それと対比し子供の育児にかかる費用は増していく。返済予定についていけなくなった。
当社サポート内容 収入と支出のバランスが崩れはじめ、大切な家族を守るにはどうしたら良いのか。こちらのご相談者様は、ご家族をとても大事に考えられていて「返済」という重荷に苦しんでおられました。悩みの種である「住宅ローンの返済」から解放されたいとの思いが強く、弊社での現金買取をご提案しました。
抵当権者の金融機関とのお話もスムーズに進み、ご家族で新しい人生をスタートされました!
CASE2 会社の経営が厳しく、住宅ローンの支払いが困難状態に
相談内容 自営業で飲食店を営むAさんご夫婦。このところ収入が減り、毎月お店の賃料に住宅ローンの返済が重なり、このままだと返済ができなくなってしまう。どうしたら良いか?
当社サポート内容 Aさんご夫婦を厳しい状況下に追い込んでしまうのは、毎月の店舗賃料 + 住宅ローンの返済 という、二つの大きな支出があること。そこで、自宅でお店の経営もできる「店舗付き住宅」への買い換えのご提案をしました。住居とお店を一本化することで、無駄な経費も削減。市内にあった2階建て住居は弊社で買取をさせていただきました。
CASE3 離婚することになり、持ち家を売りたい
相談内容 離婚することになったので、自宅を売りたいのですが・・という査定依頼。ご近所に知られたくないので内密にお願いします。
当社サポート内容 まずは秘密厳守で査定価額をご提案。不動産会社数件から見積もりを取られていましたので、販売価格を一番高く見積もった2社に販売をお任せしていました。
ところが、3ヶ月、4ヶ月と販売期間が長くなるにつれ不安になったSさん。再度弊社にご連絡いただき、買取でのご提案をしたところ、時間と心労、売却金額を総合的に検討された結果弊社での買取をさせていただくことになりました。
CASE4 相続した物件が空家になっている。差し押さえになる前に売りたい
相談内容 相続したが、兄弟はみな県外在住で大分に戻る予定はない。今のところ税金対応はなんとかしているが、差し押さえになるのも時間の問題。何からしたら良いのか分かりません。
当社サポート内容 相続に関連した案件でしたので、司法書士と連携しながら、またそれぞれ相続人となる方がたとも連絡を取り合いながら弊社での買取プランをご提案。
お家の中の片付け(不動産処分)も含め、お客様が遠方から足を運ばなくても手続きが進められるよう、現地対応でサポートさせていただきました。